佐藤光雄の切り絵日記

オリジナル切り絵創作活動を記載

「松本城」の切り絵を制作中

先ごろ長野県松本市を訪ね、国宝松本城に行ってきました。そこで撮ってきた何枚かの写真をもとにして「松本城」の切り絵制作に着手しました。下絵描きが終わり現在はカットの作業に入っています。細かいし大きめの作品なので、かなり時間がかかりそうです。…

角田市郷土資料館のスケッチ画

最近は切り絵の制作が多くてスケッチ画を描くことはほとんどなかったのですが、今回久しぶりに角田市の郷土資料館をスケッチ画で描いてみることにしました。やはりサボっていたので腕が落ちているようです。次は建物ではなく自然風景のスケッチに挑戦します。

長野県小布施町で北斎に触れる

切り絵に通じるところもある「版画、浮世絵」が大好きです。特に葛飾北斎の作品が好きで、前から北斎館がある長野県の小布施町に行きたいと思っていました。今回その小布施に行って、岩松院と北斎館を見学してきました。北斎は80歳を過ぎてから小布施の豪商…

仙台市一番町で切り絵体験教室を実施しました

2017年8月30日の10時半から、仙台市一番町フォーラスそばにある「ライフスタイルコンシェルジュ(清月記経営)」において、切り絵の体験教室を実施させていただきました。参加者は18名です。会場スタッフの方々のご協力をいただいて進めました。体験の進め方…

「4頭の虎」 切り絵をつくりました

私の切り絵作品は、その多くが風景や建物です。今回は虎を題材にした切り絵をつくりました。元デザインは、私が集めている中国せん紙からです。こういった題材も作品にすればなかなか面白いです。

仙台市一番町にある清月記のスペースで切り絵を展示

仙台市一番町フォーラスの近くにある、(株)清月記の経営する「ライフスタイルコンシェルジュ」という場所(2階)に、私の切り絵作品12点を展示させていただいています。展示期間は8月26日から9月14日まで。 そして8月30日には同じ場所で「切り絵体験教室…

親子で切り絵体験教室

先日、大河原町にある「ミライズ」において、親子で切り絵の体験教室を実施しました。昆虫や動物や花の簡単な切り絵セットを準備して、制作方法を指導しながら「切り絵」を体験していただくというものです。6人が参加してくれました。まずは基礎練習をして…

ウチワ用切り絵「ハス」を制作しました

暑い夏には「ウチワ」や扇子が似合います。自分なりのオリジナル切り絵を貼ったウチワを制作しました。題材は「ハス」です。花よりも葉がメインの作品です。ウチワの表と裏の両方に色違いで貼り付けました。表は普通の緑系統色ですが、裏は青系統色にしまし…

夏といえば、「花火」の切り絵を2点

夏といえば「花火」ですね。私はこれまで数点の花火に関する切り絵を制作していますが、その中から2点をここに紹介します。本当はもっともっとたくさんの火花が出るのですが、なかなかそこまでは無理なので「デザイン」的なものにしました。

NHK朝ドラ「ひよっこ」似顔絵切り絵

現在放送中のNHK朝ドラ「ひよっこ」は視聴率が高いようです。私も毎日が日曜になったので毎朝見ています。つっこみの部分もありますが、素直に楽しませていただいています。そこで有村架純さんと沢村一樹さんの似顔絵切り絵にチャレンジしました。結果は…

東京銀座「歌舞伎座」の切り絵紹介

私は、東京にある各種の建築物も気に入って、いくつも切り絵作品にしています。その中から「歌舞伎座」を紹介します。今では新しく改築された建物になっていますが、改築されると知って「その前に」と思って制作した作品です。

宮城県伊豆沼のハス

冬には白鳥の飛来で有名な宮城県の伊豆沼は、夏には一面にきれいなハスの花が咲きます。数年前の夏に伊豆沼に行ったときは、舟に乗ってハスの大きな葉とピンク色の花の間を進む経験をしました。ハスの実も初めて見ることができました。その時に制作したのが…

白黒の切り絵「天鏡閣」を紹介

福島県猪苗代町にある「天鏡閣」は、見事な洋風建造物です。国指定の重要文化財であり、有栖川親王殿下が別邸として明治41年に建てたものです。その天鏡閣を切り絵に制作したのはずいぶん前になりますが、これまでこの作品は一度も展示公開したことがありま…

切り絵「仙台東照宮」を完成させました

制作の着手から1か月かかりましたが、ついに切り絵「仙台東照宮」を完成させました。これは10月の「東北の建築を描く展」に出品するための作品です。出品しても入選から外れれば展示されませんが…。サイズは横480✖縦350ミリです。色彩は金色と緑色で構成し…

かわいい動物と昆虫の切り絵

子どもたちなどへの「切り絵体験」用として、簡単でかわいい動物や昆虫の切り絵を制作しました。材料はすべて事前に私が準備して、その場で指導しながらハガキサイズで作品を制作していただくことができます。以前からいろいろな機会をいただいて「無料体験…

日本箸袋趣味の会

「切り絵」から離れますが、私は日本箸袋趣味の会の会員としても活動しています。これは全国組織で50数年の歴史を有するものです。かんたんに言えば「紙クズコレクターの集まり」ですね。ところがこの「紙クズ」実は奥が深い。 7月23日は東日本支部の例会が…

中国の切り絵をコレクション

私は切り絵の制作を趣味としていますが、一方で中国の切り絵(せん紙という)をコレクションしています。これまで30年間集め続けて、その総数は1500点を超えています。なかには大きくて高価なものもあります。一例を紹介しますが、いずれもとても繊細な作品…

切り絵「青森ねぶたⅡ」の完成品

東北の夏まつりが近づいてきています。青森ねぶたの切り絵は以前にも制作していましたが、今回新たな作品を完成させました。背景の黒エリアを大きくとって、そこから槍の先を飛び出させるという構図に工夫しました。あまり繊細ではないですが。

暑中見舞いを作成しました

朝日新聞の「暑中見舞いを出しますか?」という調査結果によれば、「いいえ」の回答が82%を占めたといいます。今では一般的でなくなりました。私は毎年作成していますが、今年のハガキデザインには切り絵「盛岡さんさ踊り」を使いました。今年も8月1日か…

切り絵教室で使った下絵の紹介

7月12日(水)の切り絵教室(JR東日本大人の休日趣味の会)におけるテーマは「東北の夏まつり」にしました。私が準備した主な下絵は3点です。その下絵3点を紹介します。「仙台七夕」「青森ねぶた」「秋田竿灯」です。これを黒い紙に重ねてカッターで切り…

仙台七夕の切り絵作品

今日は7月7日で七夕です。仙台の七夕は8月ですが、それを切り絵のテーマにした作品が3点あります。その中の2つを紹介します。東北の夏まつり関連では、青森ねぶた、秋田竿灯、盛岡さんさ踊りの切り絵作品もあります。

私の切り絵制作手順

花作品「クレマチス」の場合をサンプルに、切り絵の制作手順を説明します。 (1)テーマを決めたら切り絵にする写真を撮ります。(左上) (2)写真をもとにして下絵を描きます、配色も考えます。(右上) (3)下絵を黒い紙に重ねて上からカッターで切りま…

母校である岩手大学の切り絵を2点

岩手大学農学部本館は、洋風の見事な建築物です。切り絵に適しているので何度かテーマにしました。その作品の中から「白黒作品(雪景色)」と「カラー作品」の2点をここに紹介します。

フリーマーケット出店結果

6月25日に名取のホームセンター「ムサシ」で行われたフリーマーケットに、初めて出店してみました。切り絵作品カードを1枚40円で、花の実物切り絵を額縁に入れたものを一つ500円での販売です。午前中は予想以上ににぎやかで、多くの人が行き交いましたが、…

季節なので「あじさい」の切り絵を2点

いよいよ梅雨の季節がやってきます。この季節に似合う花といえば「あじさい」です。あじさいを題材にした私の切り絵2点を紹介します。

新作切り絵「京都東本願寺」を制作しました

今年の4月に、箸袋趣味の会の全国大会に参加するため、妻と二人で新幹線で京都まで行きました。京都市内移動はなかなか大変な部分もありましたが。東本願寺の御影堂 が金色と黒色の見事な美しさを有しているので、1か月かけて切り絵を制作しました。

電柱を曲げた仙台市街風景の作品

仙台市国分町の市街風景作品ですが、電柱がとてもポイントになっています。思い切って電柱を大きく曲げてみました。

名取市でフリーマーケットに参加します

名取市のホームセンター「ムサシ」の2階で、2017年6月25日(日)10時から開催されるフリーマーケットに出店参加します。切り絵作品カードと、小さい花の切り絵額装品を販売します。興味を持ってくれる人もいないだろうとは思いますが、一度参加したかった…

切り絵製作中の様子

数年前の写真ではありますが、私の切り絵製作中の様子を展示会場で写したものです。アートナイフを用いて下絵と黒い紙を重ねたものを切っていきます。

以前にNHKテレビ真田丸の似顔絵切り絵を制作しました

以前のことですが、NHKテレビで「真田丸」が放送されていたころ、出演者の西村雅彦さんと高嶋政伸さんの似顔絵を切り絵で製作しました。似ているとの評価をいただきうれしかったです。