佐藤光雄の切り絵日記

オリジナル切り絵創作活動を記載

角田市民文化祭「佐藤光雄切り絵の世界」作品リスト

11月1日から3日まで行われた角田市民文化祭「佐藤光雄切り絵展示」では、田園ホール2階に合計77点の作品を展示しました。その展示作品リストです。 分類1 No 切り絵作品名称 東側の 壁面 1 プロフィールボード 2 角田市郷土資料館(1) 3 阿武隈川風景(1)…

切り絵展示会来場者へのお礼ハガキつくりました

11月1日から3日間実施しました「角田市民文化祭特別企画の佐藤光雄切り絵展示」は、おかげさまで盛況に幕を閉じることができました。77点の作品を展示し約300数十名の方々においでいただきました。感謝しています。来場してくださった方へ送るお礼のハガキ…

切り絵作品展示会の会場設営

今回の角田市民文化祭の「佐藤光雄切り絵作品展示」では、10月31日に展示会場の準備設営を行いました。実はこの会場設営が大変な作業です。私自身は病気のためあまり作業ができないので、親族や友人などに手伝っていただいて実施しました。作品展示のレイア…

角田市民文化祭の特別展示 「佐藤光雄切り絵展示」を行いました

11月1日から3日までの3日間、宮城県角田市の市民センター田園ホール2階において、特別展示として「佐藤光雄の切り絵作品展示会」を実施しました。広い会場に合計70点ほどの切り絵作品群を展示しました。同時に切り絵無料体験も行いました。私の生まれ育っ…

角田市民文化祭で無料切り絵体験を実施しました

11月1日から3日までの3日間、角田市民センター田園ホール2階で「佐藤光雄の切り絵展示会」を行い、その中で「無料切り絵体験講座」を3日とも行いました。小学生から男性も女性もの大人の方まで、たくさんの方々に実際に切り絵作品の制作に取り組んでいた…

葛飾北斎の神奈川沖浪裏を切り絵にしました

私は以前から風景や花鳥風月の浮世絵が大好きでした。特に葛飾北斎の富嶽三十六景は見事です。最近はなぜか北斎ブームです。このたび、北斎の作品中でも最も有名なもので、「Great Wave 」と呼ばれる神奈川沖浪裏を切り絵にして制作しました。結構難しかった…

切り絵「国宝松本城」を完成させました

制作に時間がかかっていましたが、ついに「国宝松本城」の切り絵を完成させました。空など部分的には彩色も使っていますが、基本的には紙をカッターで切ることのみで制作されています。この作品は比較的大きめのもので、11月に東京都美術館で開催される「日…

大人の休日趣味の会「切り絵教室」の10月11日

10月11日(水)は、JR東日本大人の休日趣味の会「切り絵教室」がありました。10月から新しく13名の方々が入りました。新規の方のテーマは「秋の花を切る」で、継続している方のテーマは「海岸の風景と北斎の浪」です。使用する下絵や本日の内容をホワイト…

日本の瓦屋根の美しさを切り絵に

日本の神社仏閣における屋根の美しさにはいつも感動しています。なんともいえない曲線美は素晴らしいです。お寺の多くには瓦の屋根が使われています。こいのぼりの童謡に「いらかの波と雲の波…」というのがありました。鎌倉のお寺で見た瓦屋根を切り絵にしま…

角田市市民文化祭、切り絵展示の案内ハガキ制作

11月1日~3日に角田市の市民文化祭において「特別展示」として、私の切り絵展示を行うことになりました。60点ほど展示します。角田市は私の生まれ育ったところです。仙台などと違って田舎なので、まり多くの人に見ていただくこともないかと思いますが、案内…

北斎の富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」の下絵

葛飾北斎が最近人気ですね。テレビでもよく取り上げられています。その代表作「富嶽三十六景の神奈川沖浪裏」はGreat Waveと呼ばれて海外でも高い人気です。そこでこの作品を切り絵にしようと思ってまず下絵を描きました。これはB4サイズでJR東日本大人の…

「松本城」の切り絵を制作中

先ごろ長野県松本市を訪ね、国宝松本城に行ってきました。そこで撮ってきた何枚かの写真をもとにして「松本城」の切り絵制作に着手しました。下絵描きが終わり現在はカットの作業に入っています。細かいし大きめの作品なので、かなり時間がかかりそうです。…

角田市郷土資料館のスケッチ画

最近は切り絵の制作が多くてスケッチ画を描くことはほとんどなかったのですが、今回久しぶりに角田市の郷土資料館をスケッチ画で描いてみることにしました。やはりサボっていたので腕が落ちているようです。次は建物ではなく自然風景のスケッチに挑戦します。

長野県小布施町で北斎に触れる

切り絵に通じるところもある「版画、浮世絵」が大好きです。特に葛飾北斎の作品が好きで、前から北斎館がある長野県の小布施町に行きたいと思っていました。今回その小布施に行って、岩松院と北斎館を見学してきました。北斎は80歳を過ぎてから小布施の豪商…

仙台市一番町で切り絵体験教室を実施しました

2017年8月30日の10時半から、仙台市一番町フォーラスそばにある「ライフスタイルコンシェルジュ(清月記経営)」において、切り絵の体験教室を実施させていただきました。参加者は18名です。会場スタッフの方々のご協力をいただいて進めました。体験の進め方…

「4頭の虎」 切り絵をつくりました

私の切り絵作品は、その多くが風景や建物です。今回は虎を題材にした切り絵をつくりました。元デザインは、私が集めている中国せん紙からです。こういった題材も作品にすればなかなか面白いです。

仙台市一番町にある清月記のスペースで切り絵を展示

仙台市一番町フォーラスの近くにある、(株)清月記の経営する「ライフスタイルコンシェルジュ」という場所(2階)に、私の切り絵作品12点を展示させていただいています。展示期間は8月26日から9月14日まで。 そして8月30日には同じ場所で「切り絵体験教室…

親子で切り絵体験教室

先日、大河原町にある「ミライズ」において、親子で切り絵の体験教室を実施しました。昆虫や動物や花の簡単な切り絵セットを準備して、制作方法を指導しながら「切り絵」を体験していただくというものです。6人が参加してくれました。まずは基礎練習をして…

ウチワ用切り絵「ハス」を制作しました

暑い夏には「ウチワ」や扇子が似合います。自分なりのオリジナル切り絵を貼ったウチワを制作しました。題材は「ハス」です。花よりも葉がメインの作品です。ウチワの表と裏の両方に色違いで貼り付けました。表は普通の緑系統色ですが、裏は青系統色にしまし…

夏といえば、「花火」の切り絵を2点

夏といえば「花火」ですね。私はこれまで数点の花火に関する切り絵を制作していますが、その中から2点をここに紹介します。本当はもっともっとたくさんの火花が出るのですが、なかなかそこまでは無理なので「デザイン」的なものにしました。

NHK朝ドラ「ひよっこ」似顔絵切り絵

現在放送中のNHK朝ドラ「ひよっこ」は視聴率が高いようです。私も毎日が日曜になったので毎朝見ています。つっこみの部分もありますが、素直に楽しませていただいています。そこで有村架純さんと沢村一樹さんの似顔絵切り絵にチャレンジしました。結果は…

東京銀座「歌舞伎座」の切り絵紹介

私は、東京にある各種の建築物も気に入って、いくつも切り絵作品にしています。その中から「歌舞伎座」を紹介します。今では新しく改築された建物になっていますが、改築されると知って「その前に」と思って制作した作品です。

宮城県伊豆沼のハス

冬には白鳥の飛来で有名な宮城県の伊豆沼は、夏には一面にきれいなハスの花が咲きます。数年前の夏に伊豆沼に行ったときは、舟に乗ってハスの大きな葉とピンク色の花の間を進む経験をしました。ハスの実も初めて見ることができました。その時に制作したのが…

白黒の切り絵「天鏡閣」を紹介

福島県猪苗代町にある「天鏡閣」は、見事な洋風建造物です。国指定の重要文化財であり、有栖川親王殿下が別邸として明治41年に建てたものです。その天鏡閣を切り絵に制作したのはずいぶん前になりますが、これまでこの作品は一度も展示公開したことがありま…

切り絵「仙台東照宮」を完成させました

制作の着手から1か月かかりましたが、ついに切り絵「仙台東照宮」を完成させました。これは10月の「東北の建築を描く展」に出品するための作品です。出品しても入選から外れれば展示されませんが…。サイズは横480✖縦350ミリです。色彩は金色と緑色で構成し…

かわいい動物と昆虫の切り絵

子どもたちなどへの「切り絵体験」用として、簡単でかわいい動物や昆虫の切り絵を制作しました。材料はすべて事前に私が準備して、その場で指導しながらハガキサイズで作品を制作していただくことができます。以前からいろいろな機会をいただいて「無料体験…

日本箸袋趣味の会

「切り絵」から離れますが、私は日本箸袋趣味の会の会員としても活動しています。これは全国組織で50数年の歴史を有するものです。かんたんに言えば「紙クズコレクターの集まり」ですね。ところがこの「紙クズ」実は奥が深い。 7月23日は東日本支部の例会が…

中国の切り絵をコレクション

私は切り絵の制作を趣味としていますが、一方で中国の切り絵(せん紙という)をコレクションしています。これまで30年間集め続けて、その総数は1500点を超えています。なかには大きくて高価なものもあります。一例を紹介しますが、いずれもとても繊細な作品…

切り絵「青森ねぶたⅡ」の完成品

東北の夏まつりが近づいてきています。青森ねぶたの切り絵は以前にも制作していましたが、今回新たな作品を完成させました。背景の黒エリアを大きくとって、そこから槍の先を飛び出させるという構図に工夫しました。あまり繊細ではないですが。

暑中見舞いを作成しました

朝日新聞の「暑中見舞いを出しますか?」という調査結果によれば、「いいえ」の回答が82%を占めたといいます。今では一般的でなくなりました。私は毎年作成していますが、今年のハガキデザインには切り絵「盛岡さんさ踊り」を使いました。今年も8月1日か…