親子で切り絵体験教室

先日、大河原町にある「ミライズ」において、親子で切り絵の体験教室を実施しました。昆虫や動物や花の簡単な切り絵セットを準備して、制作方法を指導しながら「切り絵」を体験していただくというものです。6人が参加してくれました。まずは基礎練習をしてから、自分の好きな題材を選んで制作します。できた作品は持ち帰ることができます。

f:id:mitsuo-satoh:20170819185215j:plain f:id:mitsuo-satoh:20170819185256j:plain

ウチワ用切り絵「ハス」を制作しました

暑い夏には「ウチワ」や扇子が似合います。自分なりのオリジナル切り絵を貼ったウチワを制作しました。題材は「ハス」です。花よりも葉がメインの作品です。ウチワの表と裏の両方に色違いで貼り付けました。表は普通の緑系統色ですが、裏は青系統色にしました。

f:id:mitsuo-satoh:20170815143436j:plain

f:id:mitsuo-satoh:20170815143533j:plain

 

 

夏といえば、「花火」の切り絵を2点

夏といえば「花火」ですね。私はこれまで数点の花火に関する切り絵を制作していますが、その中から2点をここに紹介します。本当はもっともっとたくさんの火花が出るのですが、なかなかそこまでは無理なので「デザイン」的なものにしました。

f:id:mitsuo-satoh:20170814105337j:plain

f:id:mitsuo-satoh:20170814105405j:plain

NHK朝ドラ「ひよっこ」似顔絵切り絵

現在放送中のNHK朝ドラ「ひよっこ」は視聴率が高いようです。私も毎日が日曜になったので毎朝見ています。つっこみの部分もありますが、素直に楽しませていただいています。そこで有村架純さんと沢村一樹さんの似顔絵切り絵にチャレンジしました。結果は、残念ながらちっとも似ていません。難しいです。

f:id:mitsuo-satoh:20170813172013j:plain

宮城県伊豆沼のハス

冬には白鳥の飛来で有名な宮城県の伊豆沼は、夏には一面にきれいなハスの花が咲きます。数年前の夏に伊豆沼に行ったときは、舟に乗ってハスの大きな葉とピンク色の花の間を進む経験をしました。ハスの実も初めて見ることができました。その時に制作したのが、この切り絵作品です。

f:id:mitsuo-satoh:20170806105149j:plain

白黒の切り絵「天鏡閣」を紹介

福島県猪苗代町にある「天鏡閣」は、見事な洋風建造物です。国指定の重要文化財であり、有栖川親王殿下が別邸として明治41年に建てたものです。その天鏡閣を切り絵に制作したのはずいぶん前になりますが、これまでこの作品は一度も展示公開したことがありません。600✖400と比較的大きな作品です。11月の角田市民文化祭で初めて公開の予定です。

f:id:mitsuo-satoh:20170730144913j:plain

切り絵「仙台東照宮」を完成させました

制作の着手から1か月かかりましたが、ついに切り絵「仙台東照宮」を完成させました。これは10月の「東北の建築を描く展」に出品するための作品です。出品しても入選から外れれば展示されませんが…。サイズは横480✖縦350ミリです。色彩は金色と緑色で構成しました。屋根の実際の色は緑ではないですがあえて緑に。

f:id:mitsuo-satoh:20170727172525j:plain

かわいい動物と昆虫の切り絵

子どもたちなどへの「切り絵体験」用として、簡単でかわいい動物や昆虫の切り絵を制作しました。材料はすべて事前に私が準備して、その場で指導しながらハガキサイズで作品を制作していただくことができます。以前からいろいろな機会をいただいて「無料体験教室」を実施してきました。かわいい動物と昆虫のサンプルを紹介します。

f:id:mitsuo-satoh:20170725121900j:plain

日本箸袋趣味の会

「切り絵」から離れますが、私は日本箸袋趣味の会の会員としても活動しています。これは全国組織で50数年の歴史を有するものです。かんたんに言えば「紙クズコレクターの集まり」ですね。ところがこの「紙クズ」実は奥が深い。

7月23日は東日本支部の例会が東京であり参加しました。参加者は13名。その中でA4サイズで箸袋を使った作品の紹介があり、合計22点が出品されました。私も3点を出しましたが、その一つを紹介します。タイトルは「和の模様デザイン箸袋」、和風デザインが背景の箸袋を並べたものです。

f:id:mitsuo-satoh:20170724084651j:plain